治療内容

◆◆◆ 経絡治療 ◆◆◆

経絡治療とは、中国の古典鍼灸術を日本の治療家が長い時間をかけて繊細な日本人向けに研究・改良を重ね編み出されたものです。

 

東洋医学では、精神や肉体の正常な活動には『気』の滞りない循環が必要であるとされています。
『気』の流れる道を経絡といい、経絡の要所に経穴(ツボ)があります。
『気』は生命力そのものであり、これらが何らかの原因によって滞ったり消耗してしまったりすることで、様々な症状が現れてきます。 これがいわゆる病気の状態です。
このとき我々の身体は、正常な状態に回復しようと必死で戦おうとします。しかし時には戦うだけの力が体に備わっていないこともあります。これではなかなか症状が改善しなかったり、新たな症状が現れたりしてしまいますね。
そこで経絡治療では全身を巡る『気』のバランスを調整することによって生命力を強化ようとするのです。
その結果、自らの生命力によって、病に罹りにくくなったり打ち克ったり出来るようになっていくのです。
「病気を治すのは患者自身の生命力であり、鍼灸師はその手助けをする」と、いうのが経絡治療の考え方です。

 

また、経絡治療の特徴のひとつが、痛くないです。

当院では、経絡治療に使用する鍼は「てい鍼」という刺さない鍼を使用します。

とても安全で痛みはありませんので、子供からお年寄りまで誰でも安心して受けられます。



◆◆◆ はり治療 ◆◆◆

豪鍼と呼ばれる髪の毛ほどの細さの張りを、直接ツボに刺して刺激することで、筋肉の張りを取り局所の血流を改善する治療です。

 

肩こり・腰痛などの疾患は、局所の硬結(しこり)が原因となって発生していることが多くあります。

その硬結に直接はりを刺し刺激することで、硬結がなくなり痛みの原因を取り除きます。

 

スポーツやトレーニングなどで筋肉を酷使し、筋肉内の疲労物質(乳酸など)が溜まっている場合には、パルス鍼での治療も行います。

筋肉に刺した鍼にパルス電流を流すことで、筋肉内の発痛物質を効果的に除去することができます。

 

※鍼は1回使い捨てのディスポ鍼を使用するため、衛生的で感染の心配はありません。

※鍼を刺す際に、多少の痛みが伴う場合がございます。



◆◆◆ 最先端の医療機器による治療 ◆◆◆

スーパーライザー治療

主に星状神経節(交感神経)のブロックをするために行います。

体内部の血流を持続的に改善させる働きがあり、痛みの除去・自律神経を整える効果があります。

また、脳の視床下部の血流量を増加させ働きを良くする効果もあるため、ホルモンバランスの調整やストレスの緩和などにも有効です。

整形外科などの多くの病院でも使用されている医療機器です。

 

わずかに熱感を感じる程度の刺激なので、熱さなどの刺激が苦手な方も安心して受けられます。

 


アキュスコープ治療

主にけがなどで傷ついた組織の修復をはやめるために行います。

生体内の電気と非常に近い微弱な電流により、細胞レベルの修復を早め、高い鎮痛効果と疲労除去効果を発揮します。

プロスポーツ選手なども愛用する医療機器です。

 

微弱な電流なのでほとんど感じることはなく、電気刺激が苦手な方でも安心して受けられます。

 


半導体レーザー治療

主に局所の痛みの除去に行います。

皮膚を傷つけることのない程の低出力のレーザーを痛みが出ている部分に当てると、痛みを伝える神経の興奮を抑制し、高い疼痛緩和効果が生まれます。

ペインクリニックなどの病院でも使用される医療機器です。

 

熱感などの刺激は全くありませんので、誰でも安心して受けられます。

 

 

 


サン・ビーマー治療

主に不妊症の治療に行います。

育成光線と呼ばれる特殊な波長の光線が皮下組織で共鳴し、体内で熱エネルギーを発生させて体温を上げます。

子宮、卵巣動脈の血流改善・卵の質をたかめる・着床に適した子宮内膜作りに効果があります。

不妊クリニックなどでも使用される医療機器です。

 

熱感を調節できますので、熱さが苦手な方は調節しながら治療していきます。